2009年02月01日

人生初の・・・

人生で初の「献血」に行ってきました!
28歳にして初。
400ccの全血献血。


献血ルームの前で「ピンチです足りません」と
呼び込みをしている光景を日頃からよく見るので
これまでも気になってはいたのですが。

なんとなく避けてしまってました。
血を見るのがニガテですし・・・。


初めて入る採血ルーム。
ピンチと連呼している割には混んでました。
14時頃に入ったのですが、
8台くらいある採血台が常にフル稼働。


流れは↓こんなカンジ。


・登録他(20分)
・予備採血と問診(10分)
・待機(10分)
・採血準備〜採血(20分)
・休憩他(30分)
---------------------
合計:1時間30分


実際に採血している時間は10分くらいでした。
全血だと、思ったより時間かからないんですね。。
(成分献血だと60-90分かかるらしいです)


血液型の判定とか簡易検査で
最初にちょっとだけ採血するんですけど、
そのときに目をそむけていたら、
 「血がニガテなんですか?」
 「はい、実は・・・」
 「ならどうして献血に(笑)」
みたいなことになりまして。

その後、諸々全部が終わるまでずっと、
いろいろ気を使ってもらいました。
直接は見えないようにしてもらったり。

ありがたいやら申し訳ないやら・・・。
でもおかげでわりと大丈夫でした。


その後も、特にフラフラするとかも無く。
400ccも抜いたのに、普段と全く変わりません。
余っていたのかなぁ。
あ、そういえば「血、濃いですね」って言われたな。。

+++

献血って、
倫理的な考えも影響するし、安全性の問題もまだ残っているようなので
むやみに人に勧めるものではないと思うのですけれど、
「気になるけどまだ行ったこと無いなー」って人は
行ってみるとよいと思いますよ。
思っていたよりは手軽でした。
個人差が大きそうですが、僕の場合はその後の負担もほとんどなかったです。


結局、輸血以外の方法では救えない人が今現在いるわけですし、
自分もいつそうなるかわからんですし。


今日の心のBGM:
Reach「contradictions」
#某動画サイトにあるライブ映像がメチャメチャかっこよくて。また最近聴いてます。
posted by ムラカミ at 22:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
献血、してみようとは思うんだけど、どうやら血が薄いようで、決断には至っておりません。。
注射自体は怖くないんだけどね。

Contradictionsは、当時REACHが一番好きだったので聴きまくってました。
マコさんの声がヤバ過ぎる時期だよね〜
バンドでコピった時は、ドラムの奴大変そうで可哀そうだったけど笑
Posted by ひろ at 2009年02月02日 22:57
前号の「9人の侍」のTシャツの血とまとめ読みすると。。
伏線だったのか。

イギリスに滞在したために
私は献血できません。。
10代の頃に経験はあるのですが。
Posted by プリンス at 2009年02月02日 23:59
コメントどうもです!

>ひろさん
血が薄いのかー。貧血気味とかの人には厳しいかもね。
あの頃のReachはよかったよね、ホント!
ドラムコピーもきついね。
カシクラさんのドラムは神の域だった・・。

>プリンスさん
アッー!
いや、全く伏線でもなく・・・。
渡航暦はねほりはほり聴かれましたね、確かに。
私は韓・米だけなのであっさりスルーでした。
Posted by ムラカミ at 2009年02月04日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。